アルバイトでカードローンに申込む条件は意外にハードルは低い

アルバイトでもカードローンを利用できますが、その条件としては、

 

  • アルバイトで安定収入がある
  • 年齢が20歳以上である

条件としては以上の項目を満たしていれば、基本的にカードローンに申込めるのです。しかし、アルバイトをしていても期間限定のアルバイトであったり、2、3日のスポットバイトでは安定収入になりませんので注意が必要です。

しかし審査に通るかどうかはまた別問題

申込条件がクリアしていてもやはり審査に通るかどうかになると、収入の少ないアルバイトではなかなか厳しい審査になるのは必至です。そんな中でも大手消費者金融であれば、

 

  • 個人与信審査歴が長く自社審査システムによりしっかり審査してもらえる
  • メガバンクのカードローンの保証会社もしているので安心の審査能力

なのでアルバイトの方がカードローンを申込むのに最適なカードになります。銀行にはない無利息サービスも一部ありますので利息軽減にも一役買っています。

アルバイトの方がカードローンを申込むのに最適な大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム  三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 最高800万円

アルバイト・パートで安定収入がなくても主婦なら申込めるキャッシングはあります!

 

期間限定のアルバイトをしていたんですけどダメですよね?


こういった方も主婦や専業主婦なら諦める必要はありませんでした。なぜなら主婦であれば旦那さんがいるということですので旦那さんの与信で申込むことができた、銀行法で規制される銀行カードローンに申込む事ができたからです。

 

しかし現在では、総量規制以降の銀行カードローンの貸し過ぎによる自己破産者増加による金融庁の規制で、配偶者の収入による申し込みができなくなったのです。


これにより銀行カードローンの審査基準もグッと上がってしまいましたので、

 

銀行カードローンはアルバイトのような低収入の方向きではなくなってしまったのです。ですのでアルバイトの方には無利息サービスがある保証会社も務めて審査能力の高い大手消費者金融がベストなのです。


アルバイトの人がカードローンを利用するために必要なもの

消費者金融業は個人与信融資のプロ

消費者金融や銀行など、世の中には多数のカードローン商品を取り扱う業者が存在します。中でも消費者金融はカードローン業者の中でも最もポピュラーな存在であり、多くの利用者が融資を受けているということでも知られています。

こうした業者は、多くの場合アルバイトで収入を得ている人であっても利用できるようになっています。消費者金融業者の場合、銀行のカードローンにさきがけてアルバイトへの融資を始めたこともあり、そのノウハウについても銀行と比べても全く遜色はありません。

そんな消費者金融でアルバイトの人がカードローンを利用するために必要なものとしては、基本は

 

正社員や公務員の人と同じで身分証明書があればそれで利用を申し込むことが可能です。


もちろん消費者金融の特徴ともいえる即日融資にも対応可能ですので、アルバイトだからといってその待遇や審査基準、内容に差があるといったこともありません。ただし、実際にカードローンを利用できる金額については消費者金融業者の場合には

 

総量規制という法律による規制がありますので年収の3分の1までが上限となります。


アルバイトでお金を借りる場合には、会社員や公務員に比べた場合どうしても年収が少ない傾向にありますので、総量規制の関係からこうした層に比べるとカードローンで利用できるトータルの金額は少なくなります。

借りたものは必ず返済する義務が発生します

もちろんカードローンで借りた分は自身の給料が多かろうが少なかろうが返済する必要があります。そういう契約のもとお金を借りるわけですから、返済しなければ契約違反となるからです。

これはアルバイトで収入を得ているからといって返済しなくても良いというルールがないため、

 

もちろん毎月決まった金額を返済していくことになります。


その意味では、もともと収入が会社員に比べて多くないアルバイトの人ですので、それほど高額の融資を受けるよりは必要最小限の金額でカードローンを利用して、少しでも返済しやすい状態で利用した方がお得かもしれません。

アルバイト向けのカードローンのもう一つの条件

アルバイトの方は安定収入があっても収入自体はやはり少ないですよね。そうなれば小額の借入をしても

 

毎月の返済額はなるべく少ないほうがいい


というカードローンを選ばなければいけません。最低返済額の低いカードローンですね。プロミスなら大手消費者金融・カードローンの中でも最低返済額が低いですし、無利息サービスもありますのでアルバイト向きと言えます。

アルバイトがキャッシングを利用する上で注意したいこと

アルバイトでも最近ではキャッシングが利用できるところが増えてきました。安定した収入を得ている人であれば、特にその職業については問わないという風潮が消費者金融だけでなく、銀行にも広がっていましたが、前述の通り銀行カードローンでは規制が厳しくなり、

 

収入の少ないアルバイトでは申込辛くなってしまいました。しかも全ての銀行カードローンで即日融資不可になってしまいました。


アルバイトで働いている人からすれば、それだけキャッシングを利用するための選択肢は少なくなってしまったのですが、実際に借りるにあたりどんな点に注意すれば良いのでしょうか。まずひとつは、「借りすぎない」という点です。

キャッシングを利用するのであれば、何らかの目的があってお金を借りるということ、これは間違いはないでしょう。この段階では必要な金額だけキャッシングをすれば良いと思われるかもしれませんが、キャッシングの場合はそれだけで済むことが少なく、

 

必要な金額にプラスαされた金額での融資を受ける場合がほとんどです。


また、返済実績が積み重なれば増資の提案を受けるといったこともありますので、そうなると最初に必要だった金額よりもさらに多くの融資をキャッシングとして利用することになります。

言うまでもなく利用する金額が多くなればそれだけ返済も大変になりますので、最初は無理なく返済できていたとしても、

 

返済に支障をきたす可能性が高くなる事が多いです。


こうした理由から、アルバイトで収入を得ている人の場合は、無理なく返済できる範囲でのキャッシングの利用を心がけたいところです。ではどこから借りるべきかということですが、これについてはそれほど神経質になる必要はないでしょう。

確かに銀行カードローンのように金利が低いところから借りることに越したことはありませんが、即日融資が出来なくなった上に、審査が厳しくなってはアルバイトで申込んで審査に落ちてしまった日には、

 

次のカードローンの申し込みの際の審査に悪影響もでる可能性があります。


大手消費者金融なら金利が高すぎるという事はありませんし、無利息サービスもあるので必要最低限の利用に留めるのであれば、どこで借りてもそれほど大きな違いはありません。

その為、たとえば専用ATMが通勤経路上にある等、返済しやすい環境が整っているところを優先的に選んで借りるといった選択で問題はないでしょう。まずはいかにして計画的な返済ができるかということを念頭においてキャッシングを利用することが大切です。

また、アコムマスターカードでのクレヒス関してですが個人信用情報機関に登録されている情報と自身の報告とに相違がないかは当然確認されるので申込前に自身でも再確認しておくべきです。

アルバイトの学生のクレジットカードとキャッシングの在籍確認について参照すべきサイト:JCCA 日本クレジットカード協会プロミスの在籍確認で会社に電話が掛からない方法

こんなアルバイトならキャッシング可能?アルバイト体験別診断

家庭教師としてアルバイトしていたときの体験談

 

私は現在30代の男性です。ちょうど20代の半ばごろに3年ほど家庭教師としてアルバイトをしていました。家庭教師センターに複数登録して、生徒を紹介されるのを待つという形でしたが、意外と紹介される生徒数が多くて、1・2ヶ月ほどすると断らなくてはいけないほどでした。

ですので、週6日ほど毎日アルバイトを行っていました。時給は1時間で約1800円から2000円ほどでした。1日に2人ほどの生徒を受け持っていたので、大体月に8万円ほど稼いでいました。時給は確かに他のアルバイトよりも高いのですが、働ける時間は下校してから夜の遅くて11時くらいまででしたので、実際に稼げる金額はそれほどでもありませんでした。

実際にアルバイトをしてみて大変だったことは、生徒の保護者との関係です。ほとんどの保護者は良い方ばかりだったのですが、中にはせっかくお金を払ったのに成果が得られないことを露骨にがっかりしたりする方がいて、大変でした。

良い家庭教師は確かに教え方が上手なのですが、根本的に生徒がちょっとでもやる気を出さないと成績は伸びません。保護者との関係において、家庭教師センターは全く関与しなかったので、自分がすべて責任を負うというスタンスだったので、ストレスはありました。

しかし、その分生徒の成績が向上すれば、それだけ自分に報いが返ってくるという利点もあり、そうしたときには非常にうれしかったです。もうちょっと働く時間が増えて、稼げるのであればまたやってみたいとも思います。


 

この場合定期的にアルバイトに就き、年齢も20歳を超えているのでキャッシングに申込む事は可能です。


深夜のガソリンスタンドのアルバイトをしていました

 

十九歳の頃、深夜のガソリンスタンドでバイトしていました。男です。なぜ深夜のアルバイトを選んだのかというと、当時は専門学生で昼間は学校がありました。だからバイトをするとなると、夕方か深夜しかなかったのです。それと、深夜は時給が良いということもありました。時給は1100円でした。

時間は夜9時から朝7時で1時間の休憩をひかれるので、実働9時間です。一日約一万円になっていたので、いいバイトだったと思います。親からの仕送りは貰っていましたが、家賃分のみでした。生活費を稼ぐにはバイトするしかなかったのです。土日以外の週に5日は働いていました。

月20万円近くにはなっていたので、学生の生活費として十分だとは思うのですが、それでも当時はお金に困っていた思い出があります。一年間そこのガソリンスタンドで働きました。きつかったことは、やはり深夜であるということでしょうか。

昼間は学校に行っていたので、いつも睡眠は足りていなかったと思います。よくそんな生活を1年間もできたなと振り返って思いますが、若さもあったのでしょう。それに9時からでしたので、学校が終わってから少し寝る時間もありました。

あと、深夜のガソリンスタンドは客層があまりよくありませんでした。暴走族なんかがよくやってきます。たくさんのバイクにガソリンを入れるのは大変でした。暴走族には店先に立ててあるフライヤーをよく持っていかれました。

それでもガソリン料金はきっちり払ってくれるぶん、暴走族はまだマシだったと思います。本当に悪い客は入れ逃げをします。ガソリンを入れたと思うと急発進し、お金を払わず逃亡するのです。入れ逃げがあると被害届を警察に出さねばならず、朝仕事が終わってから、眠い目をこすって警察に行っていた覚えがあります。

良かったことは人でしょうか。一緒に仕事をしていたのは50歳を越えたおじさんでしたが、仕事が終わったあとによく朝定食をおごってくれました。仕事終わりの味噌汁は最高に旨かった思い出があります。


 

この場合定期的にアルバイトに入って、かなりの収入があるのですが、年齢が19歳なのでキャッシングには申込めません。20歳の誕生日を待つしかないですね。


工場内作業のアルバイト体験

 

20代前半から後半まで、物流のアルバイトをしていました。私は男性で、体力にはそこそこの自信がありましたが、しかし実際に作業に入ってみると腕力よりも持久力が足りていないことを実感しました。立ち仕事だったこともあり、足の疲労は最初の内はとてもきつかったです。

作業に入った頃は週に2、3回ほどのシフトで稼ぎは5万から8万円ぐらいでした。20代の始めの頃は大学に通っていたので土日祝と、授業のない日をたまに入る程度だったこともあり、稼ぎはかなり不安定でした。

卒業後も同じアルバイト先でしばらく働いていましたが、シフトは週に4、5回ほどになりました。時給も最初の頃は795円でしたが、3年後ぐらいには1000円になり、気付けば嫌でも時給のありがたみを理解できるようになります。

ちなみに、そのアルバイト先では1000円が最高時給です。働く時間はその日の作業量に比例し、短い時は4時間、長い時は10時間程度といった具合です。作業量が日によって変わることもあり、稼ぎは10万円から15万円の間を大きく上下しました。

作業内容は主に食料品を運ぶことで、コンテナに詰め込む作業が主です。食料といってもバットと呼ばれる入れ物に入っているため重さは大体10キロから20キロほどになります。

腰に負担がかかる仕事場で、先輩にコルセットをもらってからは作業中は付けるようになりました。力仕事ではありましたが、最終的には物を運ぶ体勢であったり、足の使い方が重要であると悟りました。


 

この場合シフトは週に4、5回と定期的に入り、収入も安定し、年齢も20歳を超えているのでキャッシングに申し込みが可能です。


居酒屋でのアルバイトでいろいろな経験

 

短大に入学した18歳のころから居酒屋でアルバイトを始めました。きっかけは先にアルバイトをしていた友達の紹介です。初めはホールの担当でしたが、女性ということもあって、厨房内での料理も覚えていきました。

短大の授業が終わってから帰宅し、夕方の5時から10時までの5時間のアルバイトでした。水曜日が定休日で、その日以外はよほどの用事がない限り、週6日間アルバイトに行っていました。

夜の10時までと言うことでしたが、基本的にはお客様が帰り、後片付けがすむまでということで、日によっては帰宅が12時を過ぎることもしばしばありました。また、日曜日などは仕出しの仕事もされていたこともあり、朝からまる1日働くという日もありました。

アルバイトを始めた頃は月給7万円ほどでしたが、1年ごとに時給も上がっていき、最終的には月に10万円を超えることがほとんどでした。短大を卒業した後は、ちょうど就職難の時で、就職がなかなかできない状態でした。

そこでそのままフリーターとして居酒屋で働き続けました。最終的には結婚が決まる22歳までの5年間アルバイトをさせていただきました。長い間アルバイトをしたおかげで、接客、料理の仕方、盛り付け方、精算すべてのことができるように仕込まれました。

人との会話の仕方や、料理を覚えることができたことは、後の人生でもの凄く役に立ったと思っています。初めは10人以上のアルバイトさんがいたにもかかわらず、途中で気がついた時はアルバイトが私1人になっていたという笑い話もありました。


 

アルバイトの安定状況としては問題ないですね。しかし18歳の時という事なのでキャッシングには申込めません。ただし長い間していたようなので、20歳になったタイミングでキャッシングに申し込みが可能となります。


キャッシングに関する問い合わせは:金融庁学生でも即日融資可能?学生消費者金融学生カードローン即日融資

アルバイトでキャッシングを利用した体験談

専業主婦になる前はバリバリアルバイトで仕事をしていた

 

専業主婦になる前までは、私は仕事をばりばりしていた女性でした。アルバイトでも仕事をするのはそれほど大変でもなく、お金の事もあったので頑張っていました。でも、やはり子供ができてしまうと仕事をする事はできなくなってしまいました。

そして、子供と一緒に家でいたいと思うようになったのです。仕事を辞めたらそれなりにストレスもくすごく子供とゆったりと過ごす事ができました。でも、それは母親がいてくれた最初のうちだけだったのです。>どんどん、育児も大変になってきました。家事もすごいストレスになっていたのでついついカードローンでキャッシングして勝手に発散してしまいました。専業主婦をするのがこれほども大変なものなのかなと感じてしまったぐらいだったのです。

それに利用できる額なんてしれています。母親というのは、育児も家事の両方をしなくてはいけないのですから、すごいものだなと感じてしまいました。やはり、母親というのはすごい存在なんだなと実感をしてしまいました。仕事ができない分、生活の面で大変な部分がありますが、母としては頑張っていかなくてはいけません。


キャッシングサービスが充実している銀行カードローンではアルバイトは厳しい

 

ローンを組んでいる多くの人たちが一度組んでしまったローンは最後まで完済しなければいけないと考える傾向にあります。しかし、ローンというものは最初は金利や融資限度額の条件が魅力的に映っていても、ローンを返済している最中により低金利のローンサービスを見つけてしまう。

こんなに低金利のサービスがあるのなら最初からこっちのサービスを契約すればよかったと後悔した経験は誰にでもあると思います。しかし最近では現在のローンの金利に不満を持っている場合に、より魅力的な条件のローンサービスに乗り換えることができるキャッシングは銀行サービスに多数存在しています。

そういったのりかえローンに契約しなおすことによって、月々のローンの返済をより低金利で余裕のある返済に変えていくことが十分に可能です。


アルバイトでプロミスのローンも考える

 

もう少しすれば、子供の入学式があります。小学校なのですが、入学式に着るような服がない状態です。なので、家族みんなのスーツを用意していかなくてはいけないのです。

スーツは、お店で見てみたのですが、やはり結構な値段がします。3人分が必要となります。私、旦那さん、子供の3人分という事もあり、これからお金がかかるのが大変です。子供のスーツでも、意外と値段がするのでびっくりしました。

しかし、せっかくの入学式ですから、きちんとしたスーツを購入してあげたいです。そして、親もきちんとした、恥ずかしくない格好で出席をしたいです。できるだけ安くとは思っているのですが、お金が必要な場合は、プロミスのキャッシングを考えています。

そういう時のために、カードも作っているので、利用しなくてはいけない場合は、仕方がないと考えています。ローン利用をしない方がと考えるものなのですが、やはり必要なものは出てきてしまいます。そうなった時は、仕方がなくなってくるものなのかもしれません。


▲ページトップに戻る